樽酉風呂具

日々妥協して半分寝ながら生きているtaru(樽)と ナマケ生活で毎日をふにゃふにゃ過ごすTRi(酉)の 気まぐれで更新される気まぐれなweblogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

卒業旅行inグアム

2/24(日)~2/28(木)の期間グアムに男8人で卒業旅行へ行っていました。
旅行代金や保険、現地で使ったお金を合わせると総額20万円ぐらいでしょう。
思い出しながら簡単に振り返ってみます。

■24日
友人に借りたスーツケースを持って5時50分に家を出て7時に成田に集合。
手荷物検査でゲートをくぐる際に金属探知機に引っ掛かりまくる。
アクセサリーからベルト、サイフまで金属は全部外したよなぁ・・・ブーツでした。
強風の影響を受けた飛行機に揺られること4時間でグアムに到着。
空港がたいしたことない。やっぱり日本ってすごい。
そして入国審査をするための案内をする女の人の態度が悪すぎて皆怒るw
入国審査官に何か言われたけど全く理解できませんでしたが、
片言の日本語で「観光ですか?」と言っていることが分り
逆にこっちは片言の日本語で「sightseeing four days」

友人が日本では航空券、グアムではパスポートを落としたせいで
時間を大きくロスしたものの、バスに揺られてホテルに到着。
ホテルは広くて中々良いのですが、かなりの急坂がマイナス。
荷物を降ろした後はDFS GALLERIAやその周辺(グアム一の繁華街なので)を見ていました。
ギャラリアはブランド物を買う方は良いと思いますが、ショッピングモールは大きさもレベルも日本の方が何倍も上だと思います。
僕らが一番利用したお店はホテル内の売店とABCストアというコンビニ的なお店です。
街には射撃やらストリップやらの呼び込みがうようよいますが、
日本語で「オマン(ryオマン(ry」言ってくる呼び込みがいて
オマン(ry野郎がいたと友人に言ったものの信じてもらえませんでした。
後日遭遇して「あれ嘘じゃなかったんだ。」と言っていましたが。
ちなみにストリップは入場に15ドル。
チップ1ドルでおさわり、20ドルでクン(ryだそうです。
ちょっと下品なことを書いてしまって申し訳ありませんが、これもグアムの一面なのです。
夕方になったらホテル内のカニ、ヤシガニの食べ放題のお店で食事をして後は部屋で深夜まで談笑。

■25日
ボニータ号コースという恋人岬、フィッシュアイ海中展望塔、
マクロネシアンショッピングモール、ラッテストーン公園、スペイン広場へバスで行ってくれるコースに参加。

ここでグアムの様子を少し。
物価は結構高い。
日本製のジュース等は逆輸入なので若干高い。
現地の人の性格は適当だが陽気。
日本人観光客が70%ぐらいなので皆日本語が話せる。
水道水はカルシュウムが入りすぎていて現地の人も飲まないらしい。
とにかく車が優先。
日本車が多く、高級車からボロボロの車、改造車まで幅広く走っています。
坂だらけということもありますが、車の運転はとにかく荒い。
歩行者用信号は6秒ぐらいで点滅。距離がある場合は走る必要があります。
基本的に現地の人は歩かないそうです。
車内は冷房がガンガンでむしろ寒い。
スコールがある(旅行の間は毎日雨が降りました)

恋人岬。
台風で石像が倒れてしまったそうですが面倒なので直していないとのこと。

マクロネシアンショッピングモール。
グアム最大のショッピングモール。
chopperのサングラスと父親へのお土産にハーレーのジッポを購入。
自分用に洋ゲーも買いました。ゴッドオブウォーが発売していれば・・・
このお店の中では英語を使って一人で買い物をしてみました。
ちなみにこの日の夕食はマクロネシアンモールで調達したグリーンカレー。

フィッシュアイ海中展望塔。
ここの海は綺麗で、ダイビングやシーウォーカーをやっている人がいました。

ラッテストーン公園。
スペイン広場と共にこの日はスコールのためにいけませんでしたが別の日に行きました。
現地の子供がヤシの実を落としてナタで刺して持ち帰っていた。
ちなみにヤシの実=ココナッツです。
ヤシの実はかなり固く、これが頭上に落ちてきて死んだ人もいるとか。
ここにある岩は誰が何のために作ったのかがわからないそうです。

スペイン広場。
別の日にこの辺りを散策していて暑くて参りました。
近くの教会は荘厳な雰囲気で「セーブポイントだ。」とか言っていました。

コースが終了して余った時間でゴディバやらお土産を購入。
昼はフライデーズでうんざりした後に海へ。
嫌がる友人にナマコを投げたり、頭に乗せてナマコ侍とか言って追い掛け回したり。
戻ってからはホテルのプールで一泳ぎ。

■26日
前日に見ることが出来なかったスペイン広場に行くことに。
まず肉が食べたいということでマクロネシアンモールで肉を購入。
あとは自分用に85ドルのDISELの時計と45ドルのTシャツ、
お土産用に5ドルのTシャツを二枚購入。
バーガーキングのキングサイズは結構ヘビー。
ゲーセンで音ゲーをやっている友人二人に現地の人が握手を求めていたのは面白かった。

移動はコンチャカードというカードを使用することで路線バスに乗り放題なので乗り継いで行く。
ラッテストーン、教会、スペイン広場やらを見た後はアウトレットモールへ。
帰った後はホテルのプールで泳ぎました。
夕食はカレーとステーキ。

■27日
この日のイベントは割り引いて60ドルで申し込んだダイビング。
海が荒れていて波が高いと注意される。
だがそれでも決行!

装備を整えた後に海に入ってみると、確かにこれは辛い。相当流される。
二つのグループに別れましたが、海で友人の一人が溺れてパニックになる。
僕のグループは、ダイバー、僕、溺れた友人、友人、友人という隊列。
ロープをつかみながら泳いで移動するのですが、友人が途中でレギュレータを放し、
溺れたためにダイバーが後ろに移動。真ん中の僕はロープにはさまれて絡まる。
加えて溺れた友人がパニックを起こしているので僕にしがみついてくる。
夜中には皆が笑い話として話していましたが僕だけは全く笑えなかった。
レギュレータを放したら死んでた。
そんなハプニングがあったため浜辺まで戻り、友人がリタイア。
戻ったために酸素が無くなって肝心の海にいる時間が短くなった・・・
思い出にと高かったが水中の様子のDVDを購入しました。

ダイビング後は海でたっぷりと泳いだ後に、エクストリームビーチバレーを開催。
これでグアムの海とナマコともお別れ。
夜中に出歩くのはあまり良くないが、スペイン広場まで移動してフェスティバルに参加。
現地のチャモロ料理を6ドルでたらふく食べられたのは良かった。
6ドルで食べたいものを選ぶシステムでしたが、祭りも終盤であったために
どれが良いか聞かれた時に冗談で「all」と言ったら全部入れてくれたのです。
最終夜なのでほとんど朝まで皆で話していました。

■28日
この日はチェックアウトであまり時間がなかったため、皆はお土産を買いに行っていました。
ある程度付き合った後に僕はUNDER WATER WARLDという水族館へ。
ここでの写真が一番多かったw
チェックアウトを済ませてバスで空港へ。
グアムの出国審査官に突然「guns!」と言われて一瞬何のことか分らず。
僕がGuns N' RosesのTシャツを着ていたからでしたw

そうしてグアムから日本へ帰国。

■総評?
料理もお店も日本の方が良い!
やっぱり日本ってすごい。
でも、まだもっと長くいたいなと思うぐらい楽しかった。
すごく良い思い出になった。

毎日スニッカーズを3つ以上食べてた。

◆taru


メントスコーラいつやろうかな。

◆taru

スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 18:05:12|
  2. レポート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<東京モーターショウ07出展のHondaDN-01発売 。 | ホーム | まだレポートは書いていませんが。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tarutori.blog3.fc2.com/tb.php/814-1a5605e5

taru(樽),TRi(酉)

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。