樽酉風呂具

日々妥協して半分寝ながら生きているtaru(樽)と ナマケ生活で毎日をふにゃふにゃ過ごすTRi(酉)の 気まぐれで更新される気まぐれなweblogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ALEXANDER:アレキサンダー」を観てきました。

>「ALEXANDER:アレキサンダー」を観てきました。
この映画、親が前売り券を持っていたのですが、
僕は事前に何となくつまらない雰囲気を感じ取っていました。
親はまだ観ていないと思うので感想等は何も言いませんでした。

今調べてみるとラジー賞にノミネートされている作品なのですね。
映画以外にも
ワースト主演男優賞 コリン・ファレル
ワースト主演女優賞 アンジェリーナ・ジョリー
ワースト監督賞 オリヴァー・ストーン
ワースト助演男優賞 ヴァル・キルマー
ワースト脚本賞
こんな感じみたいです。
選考委員も見逃さなかったようです。
ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)というのは
毎年アカデミー賞の前夜にハリウッドのルーズベルト・ホテルと言う場所で
開催されるその年の一番最低な映画を決定するという映画賞です。

まぁ、そんな感じでしたがつまらなそうならばそれはそれで
期待以上ならば楽しかったということな訳で・・・

観てきました。

映画館はこの映画を押しているようで一番広い館での上映でした。
席も真ん中の少し後ろという絶好の場所が予約できたので
上映前から段々楽しみだなぁという気分なってきました。
平日の昼間だったので客層は初老の夫婦が多かったです。

これから映画を観るという方は
ここで軽く予習して知識を頭に入れてから観ると良いと思います。

これ以降は多少ネタバレも含むと思うのでこの続きは続きをクリックして下さい。

◆taru


戦闘シーン(ガウガメラ・グラニコス河畔)は迫力があり素晴らしいので、
大きなスクリーンにベストな場所で観れて良かったと思います。
10年以上の年月と総製作費200億円というのは
主にこの部分のために掛かったのかなと思いました。

他の民族の文化を認め、新たな地へと遠征する。
その事が彼の首を絞めていき、
次第に人間不信へと陥ってしまうわけですが・・・
アレキサンダーは時代の先を行っていた人間であったのだなと思いました。

映画を観る上で僕の中で注目すべきと思う点は、
・蛇と鷹の暗示させるもの。
・必ずしもアレキサンダーが英雄であるという風に描かれていない事
です。

しかし、出血等の暴力描写が多少多いので注意が必要です。
同性愛シーンなんかもありますが、
嫌悪感を感じさせるような見せ方にはなっていないと感じました。

そして、僕としてはリアリティを出す為に必要であったと思います。
ただ180分という上映時間はもう少し絞れたのではないかと思います。

かなり酷評されていますが、歴史の勉強と戦闘シーン等を
考慮すればそこまでひどい映画ではないと思いました。
批判する気持ちで観に行っても面白いと言う事はないと思います。
僕が言うとあまり説得力がないorz

ただ、子供が観るには少し難しい映画であると思います。

◆taru

スポンサーサイト
  1. 2005/02/09(水) 13:37:17|
  2. レビュー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スパイダソリティアのA揃え。 | ホーム | 気になったニュースを紹介。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tarutori.blog3.fc2.com/tb.php/53-e3e141ac

taru(樽),TRi(酉)

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。