樽酉風呂具

日々妥協して半分寝ながら生きているtaru(樽)と ナマケ生活で毎日をふにゃふにゃ過ごすTRi(酉)の 気まぐれで更新される気まぐれなweblogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大江戸温泉物語へ行ってきました。

>大学のゼミ仲間4人と「大江戸温泉物語」へ行ってきました。
その日は予定が二つ重なってしまったので忙しい一日でした。
まずは、高校の友人の買い物に付き合うために「さくらや」へ。
さくらやのサイトでは売れ筋商品のランキング何ていうのもあります。

僕は早めに到着し、目的のものを先に選んでおき購入。
Norton Internet Security 2005とUSBtoパラレルプリンタケーブル

<クリックすると別窓で拡大します>

ノートン先生はまだわかるとしてプリンタとの接続ケーブルなのですが、

今まで使用していたプリンタの接続ケーブル

<クリックすると別窓で拡大します>

プリンタのポートがないPCには接続ができなかったのでUSB経由のものを購入してきました。

今ノートン先生を購入するとクジが引けて一等の景品は
「i-Pod huffle」ということで僕がクジを引いてみると二等でした。
冷静を装っていますが内心キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思っている僕。
そこで店員のお姉さんが「わぁ、すごい二等だ!」
そして出てきた二等の景品は・・・
携帯電話用液晶フィルター

<クリックすると別窓で拡大します>

いや、貰えて嬉しいのですが少し(´・ω・`)ガッカリ・・・でした。
携帯の保護シートはもう既に違うものが貼ってありますので。

高校の友人はHDDとUSBフラッシュメモリとHUBとイヤホンを購入していました。
買い物が済み本屋に寄った後に高校の友人と別れて待ち合わせ場所へ。
今回行きたいと言い出したのが僕なので、一番先に駅に着いて
待っていようと早めに到着しましたがあまりにも早過ぎました。
そんな感じですが合流して乗り継ぎも上手くいき、無事到着。
「無料シャトルバス」を利用するとアクセスしやすいです。

GWなのでやはり多少の混雑はありましたがそれ程のストレスもなく入場できました。
中での買い物は基本的に受付で渡されたバンドをスキャンして行いますので
多少小銭を使う機会はあるものの、財布も含めた荷物はロッカーに置いてきて構いません。
時間が見れないということは少し不安になるとは思いますが、
時間のことは忘れて時計も携帯電話も置いてきてしまうことを推奨します。
僕達はそのようにして現実逃避をすることで楽しめましたw
おそらくそのような気遣いからか中でも時計のある場所は限られています。
もう一つの時間を確認する方法としては、
買い物をするとレシートが渡されますのでそれで時間が確認できます。

まずは受付を済ませて19種類の浴衣の中から好きな柄の浴衣と、
数種類の色の中から好きな色の帯を一つ選びます。
浴衣は女性の方が選べる種類が多かったように思います。
ゼミ仲間の間では初代横綱雷電が人気でした。

その後は更衣室で浴衣に着替えて(浴衣は必ず下着の上に着ます)
荷物等を置き、いよいよ中へと入ります。

名前通りに温泉もあるのですが温泉というよりは
テーマパークとして見た方が良いかもしれません。
そしてここのメインはやはり足湯だと思います。

足湯には浴衣姿のままで男女が一緒に入ることができます。
日本庭園風の造りになっていて夜は明かりが灯り雰囲気がありそうです。
お湯の中には大小様々な大きさの石が敷き詰められていて
コースに沿って歩くことで足のツボを刺激することができます。
男女とも浴衣の裾を捲くり「痛い痛い」と悶えながら歩いています。
ゼミ仲間の感想としては、刺激というよりも足に刺さるでした。
大きい石は程好い感じが気持ちが良かったのですが、
細長い小さい石が敷き詰めてあるエリアは歩くのが辛かったです。
しかし、不摂生な生活を続けている自分を律するために
たまには体を痛めつけようと足湯には計三回程入ってきました。

痛いのは困るという人には座ってリラックスしながら
ゆったりと入ることのできる人工炭酸泉もありますのでご安心を。
僕達は足湯を完走した後に、人工炭酸泉の足湯で休むというようにしていました。

足湯の洗礼を受けた後は広小路のお店で食事休憩をしました。
僕はお好み焼き、たこ焼き、駄菓子、ラムネ、わたあめなんかを食べました。
わたあめを食べたのなんて小学生の頃以来です。
バンドをスキャンして場内から出る時に料金を精算するという方法なので
金銭感覚が麻痺してお金を使い過ぎるということのないように気をつけました。

食事休憩の後は温泉に入ってきました。
バスタオルとフェイスタオルは料金内に入っているので手ぶらでOKです。
2枚目からのレンタルには別途料金が掛かるそうです。
サウナにも10分ぐらい入りました。
20分近く入っている兵もいましたがw
温泉の効能はこちら

その後は物価の高いお台場から離れて皆で食事をして帰宅しました。

これでもう少し料金が安いと良いのですけれどね。
また足湯に入りたいですヽ(゚д゚)ノアシユー

日にちが経ってしまったので少し忘れてしまった部分もあります(´ヘ`;)
特に後半が適当ですね(;・∀・)

◆taru

スポンサーサイト
  1. 2005/05/07(土) 17:23:19|
  2. レポート|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<一日使ってゆったりと買い物に行ってきました。 | ホーム | 『コンスタンティン』を観てきました。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tarutori.blog3.fc2.com/tb.php/117-ed6a30dc

「大江戸」でブログ検索してみました。

「 大江戸 」の検索結果で、「樽酉風呂具 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
  1. 2005/05/08(日) 13:53:04 |
  2. 日刊カタログ

taru(樽),TRi(酉)

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。